だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

プジョー・ヴォーグのクラッチ割れ対策

愛車モペッドであるプジョー・ヴォーグをカスタムしていて、いくつか困った事になりましたが、ネットを探っても情報が見つからない事も有りました。

 

その一つがクラッチ板の割れについての情報です。

僕は一般に多く流通しているSPというモデルではなく、おそらくSEというモデルでバリエーターが搭載されていませんでした。

そこでカスタムするにあたって、速度を上げるにはバリエーターは必須なのでクランクシャフトからケースに至るまで全て社外チューニングパーツを組みました。

組み上げて現在500km程度走りましたが、その間に3枚もクラッチ板が割れてしまいました。

そこで自分なりに原因探しと対策を施しました。初めから組みこまれているクラッチを使っている人には当てはまらないかもしれませんが、アフターパーツを使ったり、クラッチ板が割れてしまう人には役に立つこともあるかもしれないので記事にします。

 

まず、これはSEに組まれていたクラッチです。見てもらいたいのは写真中央付近のクラッチ本体に引っかかるツメです。

f:id:tandem_hair:20190925121447j:image

 

そしてこれが社外パーツのクラッチです。ツメの形が違います。
f:id:tandem_hair:20190925121450j:image

このツメはクラッチ板外周に接して抑え込むフラットスプリングのツメなのですが、クラッチ板が割れる原因はフラットスプリングがズレる事でクラッチ板が異常に接触するからかなぁ、と疑いました。そこで2か所のフラットスプリングを社外品、その他をSEストック品から移植して走っていたところ社外品を使用していた場所のフラットスプリングがズレてクラッチ板が欠けて走行不能となりました。やはり、あやしい。

 

これは社外品フラットスプリング内側です。ここがクラッチ板の外周と接します。フラットスプリングは下側両端が折れ曲がりズレないようになっています。
f:id:tandem_hair:20190925121454j:image

 

そしてこちらがこれはSEから移植したフラットスプリングです。よく見てみると下側両端がしっかりと曲げられているのが判ります。
f:id:tandem_hair:20190925121458j:image

 

フラットスプリングの下側両端の曲げ加工をしました。手前側が加工後、奥側が加工前。たったこれだけの事です。これだけの事でかなり悩みました。そして、1本ツメも緩かったので微調整しました。
f:id:tandem_hair:20190925121501j:image

 

専用品、適合品として売られているパーツでも国産品と違ってあやしいモノが結構ありました。クラッチ/バリエーターアッセンブリーのロックナットが供回りしてクランクがロックしてしまう、あるいはロックナットが外れてしまう場合は、ロックナット内側に接するプラスティックワッシャーを0.5mmくらい削って薄くグリスを塗ると解決しました。海外の人は「外れてしまうならボンドで固めろ。」とおっしゃっていましたが、、、。

 

モペッド乗り、それもプジョー・ヴォーグ乗り、そして社外品クラッチに交換している人なんて日本国内で少数だと思いますが、困っている人は試してみる価値も少しはあるかなぁ、と。

信号待ちで謎のエンスト、センタースタンド外して後輪が接地した途端にエンスト、それでもエンジンの始動はバッチリです。なんて人はクラッチに原因があるかもしれませんね。

バイクの理屈も道理も判らない僕ですが、僕の場合はクラッチで泣きました。出先でクラッチ板が割れて信号待ちでエンスト連発し、アイドルを高めに調整して青信号なったら押し掛けで全ての信号をクリアしてきました。アイドリングストップ機能搭載じゃないんですけれどね。ただ、渋滞だけは何ともならないので歩道で待機して、空いたら最後尾を押し掛けで追いかける感じで乗り切りました。

 

たぶん、これからも問題はあると思います。解決策が見つかったら記事にしたいと思います。

「モペッドは大変だなぁ。」と思うかもしれませんが、大丈夫です。直ります。

いや、最初から壊れているので良くなるいっぽうですから。

ボロい原付2種

お世話になっているバイク屋さんに用事があったので寄りました。

店頭にボロい、いや、味がある、味が染み出している原付が並んでいるので観察して来ました。

 

「ホンダ ダックス70 スポーツⅡ」?

f:id:tandem_hair:20191223094415j:image

凄い音がしそうなマフラーです。
f:id:tandem_hair:20191223094403j:image

至る所が酸化しています。
f:id:tandem_hair:20191223094410j:image

 

スズキ ハスラー50?店長さんのレース車両でしょうか。
f:id:tandem_hair:20191223094358j:image

 

スズキ バンバン75?こちらもレース車両の様子で保安部品が外されています。

f:id:tandem_hair:20191223094406j:image

 

見た目はボロいですが機関は良好みたいです。

国産ビンテージ原付、魅力的ですね。

昼呑みしてきました。

「あの、角打ちって言うんですかねー。あれ、やってみたいんですよね。どっかないですかねー。」

 

そんなご要望があったので、かつて7年間住んでいた大曽根に行ってきました。

 

すっかりアーケードが無くなった駅前商店街を歩くと直ぐに「佐野屋」さんがあります。

まず、一杯。

f:id:tandem_hair:20191223094115j:image

 

お昼まで1時間以上はあると言うのにコの字カウンターは人生の先輩で満席。ある意味、もう一つのコメダですな。壁際に陣取って瓶ビールとおでん。
f:id:tandem_hair:20191223094118j:image

 

昼に近くなったので道を挟んだところにある「べに屋」さんで千べろセットと追加おつまみ。これがビール2杯とおつまみで1,000円という呑兵衛には嬉しい構成。セット以外のおつまみも充実していてクオリティが高くて大満足。写真を忘れる程に楽しみました。

 

まだまだ、行けるというか温まって来たので駅の反対側に移動して「みのや」さんへ。

f:id:tandem_hair:20191223094112j:image

 

ここでも人生の先輩が語らっていたので奥のスペースに。そこには「立ち呑みの掟」が貼り付けてあり、勉強になりました。

f:id:tandem_hair:20191223094214j:image

 

とりあえずワンカップで乾杯。おつまみは商品棚から選ぶのですが、自家製のスモークが充実していました。沢庵、ベーコン、チーズなど200〜300円程度からですが美味しかったです。
f:id:tandem_hair:20191223094105j:image

 

その後、先輩方ともコミュニケーションを取り、おすすめのお酒もいただきました。
f:id:tandem_hair:20191223094109j:image

 

店の外にはガチャガチャがあり、先輩がトライしていました。親交の証にガチャ交換をしていました。
f:id:tandem_hair:20191223094101j:image

 

その後、駅前にあるスーパー銭湯でゆっくりして、夕方になったところで焼鳥屋でシメて帰宅しました。

 

もう、食べる事も飲む事も出来んわ、と思いましたが帰宅後に缶ビールを飲みました。

 

このコース、良いです。

トモス・アルピノで自然の中へ

トモス・アルピノの整備がとりあえず終わったので確認も兼ねて出かけて来ました。

 

知多半島のハイキングコース。ここは車両も通行できてフラットなコースが続いているらしい。

 

程良い未舗装路で森林浴しながら。

f:id:tandem_hair:20191120222633j:image

 

少しだけコースから外れて見晴らしの良い所へ。
f:id:tandem_hair:20191120222439j:image

 

途中の広場でハンモックを張って、早めの昼食。そして昼寝。
f:id:tandem_hair:20191120222452j:image

 

竹林の木漏れ日の中で。
f:id:tandem_hair:20191120222456j:image

 

この日は風も穏やかで、遠くまで見晴らせるツーリング日和。
f:id:tandem_hair:20191120222449j:image

 

 

ツーリング中のバイカーさん達が何度もすれ違いざまに挨拶をしてくれました。

トモス・アルピノはどこか壊れる予定でしたが、絶好調で90kmを走破。もっともっと走れそうでしたが、予定があったので帰宅しました。

 

いやー、いいモペッドですね。燃費も40km/Lはいってそう。

 

そんなトモス・アルピノですが、あまりに出来が良いので嫁ぎ先が決まりました。

通勤用の足として活躍する予定です。

頑張ってなー。

トモス・アルピノ チャンバー交換で化ける

クラッチシュー交換で生き返ったのも束の間、フルスロットルしたら始動不能になった我がトモス・アルピノ

おそらくはキャブの詰まりだと判断して、ついでにチャンバー交換もしました。

 

トモスA35エンジン用として売られていた「ハンターパイプ」。A35用ではありますがアルピノに付けられている写真はネット上にも見つけられませんでした。なのに買う自分。

f:id:tandem_hair:20191028123340j:image

 

 

想定通りですがセンタースタンドにぶつかって付きません。
f:id:tandem_hair:20191028123406j:image

 

 

ならば、と新品のチャンバーをバーナーで炙って容赦なくハンマーで叩いて凹ませました。が、それにも限度があるので限度を超えたあたりで作戦変更して、センタースタンドを後方へ移動させる事にしました。フレームに穴を開けて、スタンドを上げた時に後輪へ干渉しないギリギリに移動。
f:id:tandem_hair:20191028123359j:image

スタンドを立てると2㎜くらい当たりますが、まぁOKとします。

 


トモスはキャブへのアクセスが非常によろしくない、とは聞いていましたが本当に面倒くさかった。左ペダルクランクのコッターピンを抜いてクランクを外して、エンジンサイドカバーを外して、チェーンを緩めて、エンジンマウントボルトを2本抜いてアゴが外れるみたいになるようにエンジンを降ろさないとキャブが外れません。
f:id:tandem_hair:20191028123347j:image

元に戻す時にエンジンマウントのボルトの差し込み方向を逆にしました。これでサイドカバーを外す手間が省けます。ペダルクランクもそのままで大丈夫ですね。

 

エアフィルターカバーから伸びるダクトがフレームに突き刺さっています。オフロードバイクを主張しているのでしょうか?少しエロいと思いました。ごめんなさい。
f:id:tandem_hair:20191028123410j:image

 

 

デロルトSHAキャブレターというメインジェットとアイドルストップスクリューのみで調整するタイプです。手動チョークでフルスロットルにする事でチョーク解除となるのですが、キャブ内部の汚れでチョークのカムが引っかかっていたので分解清掃しました。
f:id:tandem_hair:20191028123344j:image

 

 

キャブレターのトップカバーのガスケットが破れてバラバラだったので、プジョー・ヴォーグの時に使ったガスケットの端切れを使って自作しました。
f:id:tandem_hair:20191028123403j:image

スロットルケーブルにも引っ掛かりがあったので、ついでに自作しました。プジョー・ヴォーグの経験が活きていますねー。

 

 

標準では53くらいのジェットが付いてると聞いていましたが、自分のアルピノには49が付いていました。プラグも標準の熱価6ではなく7が付いていました。ジェットは56に交換、プラグは熱価6に変更。
f:id:tandem_hair:20191028133123j:image

 

 

試走してみました。

思わず笑いがこぼれるくらいに変化しました。トモスのメーターを時計に例えると4時を超えます。実際の針はそれ以上回らないので正確には最高速度は判りませんが、これなら何とか実用に耐えそうです。でも、うるさいですね、やっぱり。
f:id:tandem_hair:20191028123506j:image

 

ガソリン:オイルの混合比ですが、トモス標準だと50:1なのですがアルピノの燃料コックには25%の表示があります。前オーナーからは50:1だと聞いていましたが、それだとプラグ熱価7でも6でも焼け過ぎだったので40:1、25%で試してみました。

メインジェットのみでの調整だからなのか、プラグの中心はしっかりと焼けているのに外周部分は黒い煤が多くなっていました。こんなもんなんでしょうかね。

 

隙をついて知多半島まで出かけようかと思ってるのですが、用事や悪天候で出かけられません。モペッドで100㎞超えるツーリングに出たいものです。壊れる事を期待しつつ、ね。

トモス・アルピノ クラッチシューを交換する。

初試走したトモス・アルピノですが、クラッチが滑ってなかなか2速へとチェンジしてくれないので、とりあえずはオイル交換してみます。

 

f:id:tandem_hair:20191009191654j:image

なんだ、これは。タールのようです。量も少ないし。こりゃ、音もうるさい訳だ。

 

 

走行距離も9300㎞程度なのでクラッチシュー交換も近いであろうとパーツは既に発注済み。いざ、交換。ぱっかーん。
f:id:tandem_hair:20191009191647j:image

もう後には戻れません。右側の丸いヤツがクラッチです。背中合わせに2個付いていました。手前が1速、奥が2速の様です。湿式クラッチって言うんですか?

 

それにしても汚過ぎる。ヘドロの様な物が堆積していました。パーツクリーナーを吹き付けてもこびり付いて取れません。中年男性の体もきっとこうなのでしょう。
f:id:tandem_hair:20191009191701j:image

 

クラッチシューを取り外しました。やった事などありませんが、勘、何となく、です。どうです、コルクなんですよ。クラッチシューが。右側の交換前の1速用シューはかなり擦り減っていました。そしてヘドロまみれ。
f:id:tandem_hair:20191009191640j:image

コルクなら張り替え可能なので綺麗にして保管します。

 

 

こちらが2速用のクラッチ。川底から回収してきたのかという程にダーティ。
f:id:tandem_hair:20191009191651j:image

 

 

綺麗にして、交換組み立て。気持ちがいい。オイルに浸けたくないくらい。
f:id:tandem_hair:20191009191643j:image

 

クラッチシュー交換もすんなりとパーツを入れ替えて終了という訳にはいかず、お決まりのように電動工具のお世話になりました。付けたいのなら、削れ。これ常識。

 

カッシャーン!装着!

クリーンです。もっと綺麗にしたいけど余計な事するとオイルシールをダメにしてしまいそうなので閉じました。
f:id:tandem_hair:20191009191658j:image

 

 

いやー、無事に元に戻りました。

最大の難関はクラッチのスプリングを元に戻す作業でした。外すのは簡単でもどう戻していいやら。めちゃくちゃ硬いです。専用工具とかコツとかあるんかな。

 

で、試走。

交換前は20㎞/hくらいから25km/hくらいにかけて「キュイーーーン!」といいながら全然加速しないで、突然2速になって加速してビックリ、という感じでした。

交換後はためらいながらも以前に比べるとスムースに2速になってくれるようになりました。それでも一瞬減速するような感じです。

トモスの2速オートマって元々こんな感じなのでしょうかね。それともコルクにオイルが浸み込んでないのでしょうか。

いずれにしても大丈夫。

愛せます。この感じ。

 

 

登坂性能を試す為にフルスロットルをしてみました。

予想通り遅いですが登りました。

そして翌日、なぜだかアイドリング不良で始動不能になりました。

 

「マジか。」

「こうでなくっちゃ!」

が心の中で交錯しています。

 

とりあえず、キャブレターを掃除します。