だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

モペッドをカスタムするぞ。その4 クランクシャフト組み込み失敗編

我が愛車プジョー・ヴォーグ。そのカスタム計画の4回目。

昨年末の出来事です。

今回は教訓として、戒めとしてエンジン童貞のありのままをご覧ください。

そう、皆さん期待の失敗です。

 

これは何?エンジンケースに斜めに収まったクランクセット&ベアリングです。
f:id:tandem_hair:20190109101756j:image

年末のハードワークにひと時の憩いを求めて、1時間ほど早く出勤して余計な事をやらかしました。

「エンジン腰下を完成させて年を越すのだ。」と訳の分からぬお告げが下りてきたので、オイルシールをエンジンケースにぶち込んで「次は先日のクランクセット&ベアリングを。これが終われば仕事に集中して年末モードもピークよ!」と勢いにのってやったら失敗しました。

クランクセット&ベアリングを冷凍庫に入れて冷やして、ケースはバーナーで温めて・・・、先日の成功で楽勝気分の朝でした。

斜めにはまり込んだベアリングは入れる事も抜く事も出来ません。ズブズブの不倫か。

まだ、冷えているコンロッド。温もりの残るエンジンケース。

そっと物置に仕舞って無かった事にしました。

 

が、仕事をしていてもテンションは下がる一方。年末らしさも出てきた世間の活気とは正反対です。意を決してお世話になっているバイク屋さんに電話をしました。以前話した時には「得体のしれないバイクの様な乗り物は勘弁してくれ。」という素直な意思表示を確認していたので気が引けましたが、年明けに面倒を見てもらえる事になり感謝と安堵感で仕事などどうでもいい気分になりました。ウソです。

 


という事で抜き差しならぬエンジンを物置に仕舞い込み、「お告げなど聞くものではないな。忙しくてどうかしていた。魔が差したのだな。」と反省しました。そして、いざという時に優しかったバイク屋さんに感謝しつつ、地面に転がったままのバーナーをつま先で軽く蹴り上げました。

 

もう二度とBBQ以外でバーナーを使うまい。

 

年越し。その5に続く。