だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

モペッドをカスタムするぞ。その5 クランク&ベアリング抜き編

モペッドカスタム計画が始動したものの、すぐさま自分の失態により頓挫した前回。

 

今回は文字通り抜き差しならぬ状態となったケースとクランクを持って、半泣きでバイク屋さんにお邪魔してきました。

よくあるんですよね、「子供が自分で切っちゃって。」とか言って散髪の直しに来店するパターン。そうです。そのパターンをやらかしたワケです。

 

ヴォーグは通常のケースとは形状が異なる様で専用工具では抜けないみたいでした。木の枠を幾つか持って来て…、ヒートガンでケースを温めて、プラスティックハンマーで「スコーン!」抜けましたー。反対側も「スコーン!」で問題解決です。
f:id:tandem_hair:20190109101825j:image

 

ケースから抜けたものの「ベアリングのガタが気になるね。」という事でクランクシャフトからベアリングを抜く事に。これで全てのパーツがバラバラになる訳ですね。「楽勝ですな。」とか言ってやらんでもいい事をやった過去もこれで清算されます。か?

 

ベアリングを抜く工具を使ってカチャカチャしていると、次第にクランクシャフトの根元からベアリングが抜けてきました。感心して眺めていたのですが、どうしてもバイク屋さんの股間でクランク運動がピストン運動に変換されてコンロッドが「ヒョッコ、ヒョッコ」と動くのが気になって仕方がありません。素人がやった失敗の尻拭いをしてくれているのに不謹慎だと思いながらも、動画を撮影しようかとしたらベアリングは無事に抜けてしまいました。じゃなくて、抜けて本当に助かりました。
f:id:tandem_hair:20190109101856j:image

 

無事にバラバラになったパーツ。専用工具が無いと出来ない事、経験が必要な事はプロにお任せするべきだと勉強し、あっさりと自分で組み立てる計画を撤回。その他のパーツもさり気なく段ボールごと店に置き去りにする事に成功。
f:id:tandem_hair:20190109102023j:image


これで振り出しに戻りました。

ガタのあるベアリングは交換する事にして、後日組み立ててもらう事になるのですが・・・。

やらかします。ええ。

 

プロの仕事によって救われた今回ですが、次回は救世主のプロを怒らせます。

 

恥ずかしながら、その6に続きます。