だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

モペッドをカスタムするぞ。その9 デコンプ問題に気が付く編

プジョー・ヴォーグのエンジン組み立ても3歩進んで5歩下がる状態から抜け出して、前回はピストン&シリンダーの取り付けまで終える事が出来ました。

が、やはり問題に直面します。

実は前回シリンダーを取り付けた時に気が付いていました。

そう、デコンプ用の穴がシリンダーブロックに開いていませんでした…。なぜ、いま気が付くのか。

ちなみにデコンプというのはデコンプレッションの略で、バイクの場合はシリンダーの圧縮を抜く時に使います。プジョー・ヴォーグはペダルを回す事でエンジンを始動させるのですが、デコンプレバーを引いてデコンプバルブを開き、圧縮を抜く事で軽い力でペダルを回せるようになりエンジン始動が楽になる作用があります。


f:id:tandem_hair:20190201120102j:image

 

とりあえずバイク屋さんに相談してみると「小排気量だからデコンプ無しでイケるんじゃない?」という事だったので「頑張ってみようか。」と思ったのですが、ヴォーグはデコンプで圧縮を抜く事でエンジンを停止させる事を思い出しました。

 

 

という事で、穴を開けます。いいのか、それで?

卓上ボール旋盤でグリグリグリグリとやりました。
f:id:tandem_hair:20190204163827j:image

 

無事に貫通。
f:id:tandem_hair:20190204163912j:image

 

 

一難去ってまた一難。何の疑問も抱く事なくオススメパーツを購入したツケがまわって来ました。でも、シリンダーブロックに穴を開けるなんて希少な経験が出来たのでいいかも。そう、こうでなくっちゃ。トラブルは人生のスパイス。

 

その10へ続きます。

次回はシリンダーヘッドにデコンプバルブを取り付けますよ。