だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

どうなる?どうする? 爆煙、爆音、爆オイルのモペッド

やっとエンジンが始動したものの、カスタムの続報が書けないのには、それなりの理由がありました。

購入したキャブレターに不具合があり、購入先のアメリカのショップに写真と共にメールを送ったところ、少々責任の所在で意見が食い違い、写真を拡大して説明を付けたりして交渉して納得してもらい、返金に応じてもらいました。

そんなこんなで新しいキャブレターに交換して、いよいよ、と思った矢先にパイプの溶接が割れていて、爆音を轟かせている事が判明。
f:id:tandem_hair:20190619142648j:image

 

ほんの小さな溶接個所ですが、物凄く激しく擦れ合って爆音を生み出します。
f:id:tandem_hair:20190619142645j:image

 

お客さんで溶接できる人が居たので頼んで盛ってもらい、耐熱スプレーを適当に拭いて錆止めとしました。
f:id:tandem_hair:20190619142651j:image

 

エアクリーナーを落として本体は回収できたものの、クランプが見つからずにいました。仕方がないので代わりを探したのですが、超小型のエアクリがなかなか見つからず、アマゾンで中国からの送料込みで300円という恐ろしい品を発見して、面白半分で買ってみました。35~36㎜径でしたが、32㎜径でも大丈夫そうでした。

そのままではフレームに干渉して取り付け出来ないので、プーリーのベルトを小さい径へと交換して、キャブレターを尻上がりにする事でギリギリ取り付けが可能となりました。
f:id:tandem_hair:20190619142642j:image

 

とりあえずは走っていますが、スロットルを全閉にするとエンジンストール、信号待ちが長いとエンジンストール、と問題があります。

 

その原因はたぶんコレ。ガソリンと2ストオイルの混合率。

国内の情報を収集するとボアアップ後には4~5%の混合率だったので、5%から始めて現在4%にしてあります。それでも、もう5分も走れば塗装でもしたかのようにオイルがベットリです。タイヤに付いて転倒しそうです。

f:id:tandem_hair:20190619161640j:image

 

海外の方は32/1つまり3.125%程度が主流のようで、それなら僕が50㏄のノーマルで乗っていた時と同じ混合率です。

焼きつかせるのも困るので3.3%くらいで様子を見てみようかと思います。

 

いい年して爆煙、爆音も恥ずかしいです。