だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

トモス・アルピノ クラッチシューを交換する。

初試走したトモス・アルピノですが、クラッチが滑ってなかなか2速へとチェンジしてくれないので、とりあえずはオイル交換してみます。

 

f:id:tandem_hair:20191009191654j:image

なんだ、これは。タールのようです。量も少ないし。こりゃ、音もうるさい訳だ。

 

 

走行距離も9300㎞程度なのでクラッチシュー交換も近いであろうとパーツは既に発注済み。いざ、交換。ぱっかーん。
f:id:tandem_hair:20191009191647j:image

もう後には戻れません。右側の丸いヤツがクラッチです。背中合わせに2個付いていました。手前が1速、奥が2速の様です。湿式クラッチって言うんですか?

 

それにしても汚過ぎる。ヘドロの様な物が堆積していました。パーツクリーナーを吹き付けてもこびり付いて取れません。中年男性の体もきっとこうなのでしょう。
f:id:tandem_hair:20191009191701j:image

 

クラッチシューを取り外しました。やった事などありませんが、勘、何となく、です。どうです、コルクなんですよ。クラッチシューが。右側の交換前の1速用シューはかなり擦り減っていました。そしてヘドロまみれ。
f:id:tandem_hair:20191009191640j:image

コルクなら張り替え可能なので綺麗にして保管します。

 

 

こちらが2速用のクラッチ。川底から回収してきたのかという程にダーティ。
f:id:tandem_hair:20191009191651j:image

 

 

綺麗にして、交換組み立て。気持ちがいい。オイルに浸けたくないくらい。
f:id:tandem_hair:20191009191643j:image

 

クラッチシュー交換もすんなりとパーツを入れ替えて終了という訳にはいかず、お決まりのように電動工具のお世話になりました。付けたいのなら、削れ。これ常識。

 

カッシャーン!装着!

クリーンです。もっと綺麗にしたいけど余計な事するとオイルシールをダメにしてしまいそうなので閉じました。
f:id:tandem_hair:20191009191658j:image

 

 

いやー、無事に元に戻りました。

最大の難関はクラッチのスプリングを元に戻す作業でした。外すのは簡単でもどう戻していいやら。めちゃくちゃ硬いです。専用工具とかコツとかあるんかな。

 

で、試走。

交換前は20㎞/hくらいから25km/hくらいにかけて「キュイーーーン!」といいながら全然加速しないで、突然2速になって加速してビックリ、という感じでした。

交換後はためらいながらも以前に比べるとスムースに2速になってくれるようになりました。それでも一瞬減速するような感じです。

トモスの2速オートマって元々こんな感じなのでしょうかね。それともコルクにオイルが浸み込んでないのでしょうか。

いずれにしても大丈夫。

愛せます。この感じ。

 

 

登坂性能を試す為にフルスロットルをしてみました。

予想通り遅いですが登りました。

そして翌日、なぜだかアイドリング不良で始動不能になりました。

 

「マジか。」

「こうでなくっちゃ!」

が心の中で交錯しています。

 

とりあえず、キャブレターを掃除します。