だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

モペッド、その実力を見せる。が、、、。

まるで干潟から回収してきたゴミのようなスパークプラグ。

前回はリアショックに飛び散る2ストオイルの原因を遂に突き止めたのか⁉と期待したところでブログは終了しました。

f:id:tandem_hair:20190702233358j:image

 

 

そして、スロージェットへの空気供給を断っていると疑ったマロッシのエアクリーナーを外して、きれいに掃除した中華の素入り中華製エアクリーナーに交換して試走してみました。

 

その結果、100mも走らぬうちにエンスト。近所の知り合いに笑われながら必死でペダルを漕いで何とかエンジン再スタートさせて逃げるように帰宅しました。

エアクリが問題ではなかったのか。

 

むー。いよいよ判らん。本気で困った。

 

頑張って仕事をしているふりして原因を考えていたのですが、妙な音がしている事を思い出しました。

「ジジジジジジジジジジジジジジ....」

もしかして、これがヘッドガスケットが抜けてる音?メタルガスケットが震えているとか?

スタッドボルトは既定トルクで締めているし、、、、。

あ。

オリジナルエンジンはM6、マロッシエンジンはM7のスタッドボルトだったかも。

確認してみると、その通り。と言う事で10.85Nmから14Nmへ締め直し。

 

期待を込めて仕事後に試走。

 

「ポンポロポンポンポンポン!ポンポロポン!」

おおっ!今までにないスムースな走り。恐る恐る幹線道路に出てみる。

「パリーン!パンパラパンパン!」

おおっ!余裕で前を走る車に追いつくわ。

そのまま流れに乗る。気を付けていないと法定速度なんてすぐに超えてしまう。

「もっと!もっと!」と急かされている気がしてきますが、そこは冷静に。

裏通りに入ってストップ&ゴー、エンストを恐れて控えていた大通での右折、登り坂。いろいろやってみて実用レベルで十分に走れる事を確認。

もしかして、出来たかも。

 

翌朝、プラグを確認。いいんじゃないでしょうか。いいでしょう。
f:id:tandem_hair:20190702233354j:image

 

 

タイミング良く、お世話になったバイク屋さんが心配して連絡をくれました。調子に乗った僕は快調なエンジンの動画を送る事にしました。

 

「パンパラパンパン!パパパーーーーーーン!ンーーーン、ン、ン、ン、プスン。」

ええっ!勝手にアイドリングが急上昇して止まってしまいました。

また、抜けた?

 

シリンダーヘッドを外してみると盛大にガスケットが抜けていました。
f:id:tandem_hair:20190702233400j:image
f:id:tandem_hair:20190702233350j:image

 しかも、かなり「しっとり」というか「べちょべちょ」なんだけど。

 

ほんの束の間の夢でした。

ガスケットを使いまわしたのがダメだったのでしょうか。

乗れるサグラダファミリア

ガスケットを発注します。

焼酎のお茶割りから学ぶモペッドの燃調

あれもダメ、これもダメ。

なかなか気持ち良く走る事が出来ない、いいえ、それ以前に出かけたものの10分圏内で走行不可能になる僕のモペッド、プジョー・ヴォーグ。

時折見せてくれるパワフルな走りに、カスタムされたポテンシャルの片鱗を見る事が出来るのみ。その直後には走行不能になるパターンなのです。

 

問題点は。

  1. 物凄くオイルが飛びます。(タール状。)
  2. なかなかアイドリングが安定しません。(かぶります。)
  3. ある程度の速度で走るとアイドリングが急激に上がってエンジン停止します。

 

そして変更点を整理してみると。

  1. ガソリンとオイルの混合率を5%から3%に変更しました。
  2. マロッシのエアクリーナーから中華エアクリーナーへ変更しました。(その後、中華の素が大量にキャブ内に入った為、マロッシに戻しました。)
  3. スロージェットを45~40へと変更しました。(始動から低速での燃調を薄く。)
  4. プーリーのベルトを35から34へ変更しました。(キャブの傾斜が強く。)

 

 

 

問題点の1と2は何らかの原因で燃調が濃くなっているからだと思います。

対策としてオイルの混合率を下げ、スロージェットを小さくしました。

オリジナルエンジンと同等の3%に変更し、スロージェットを5番手下げても、パイロットスクリューを1/2戻しくらいにして混合気を薄くし、スロットルストップスクリューを締めこんでやらないとプラグかぶってしまうような状態です。いざ、始動して走り出してしまえば燃調が濃いながらも何とか走ってくれます。そして、それでもオイルが飛びます。

 

もしかすると、ベルトの径を小さくした事でキャブの傾きがきつくなり、油面が規定値より大幅に変化したのがプラグかぶり、オイル飛び散りの原因ではないかと疑いました。そして、もしかしたらオーバーフロー気味になりクランク室へ燃料が流れ込んでいるかもしれないと疑いました。

まずはリードバルブを確認しました。

f:id:tandem_hair:20190628084841j:image

ガスケットが燃料でべっとりしてしていますが、リードバルブはしっかりと閉じられていました。


そしてエンジンを下してひっくり返しました。
f:id:tandem_hair:20190628084833j:image

 チャンバーからタールが出てきたものの、クランク室からはほんの少しだけ飴色のオイルが出てきただけでした。燃料もタールも出てこなかったので、クランク室への燃料の流れ込みも燃焼室からクランク室への圧縮抜けも心配はなさそうです。たぶん。

 

それじゃあ、何が原因なんだ?

布団に入ってからも頭の中でグルグルと考えが巡ります。

寝られないので居間に戻り、「いいちこ」のお茶割りを飲む。休日前と休日しかお酒を飲まない生活をしていますが睡眠導入剤代わりです。冷蔵庫に冷えたお茶が少なかったので結果的に濃く作り過ぎた。

飲みながらも考えます。

 

問題点3の急激なアイドリング上昇は、どこかからのエアを吸っている事が原因だと思うのですが、スタッドボルトの締め直しでヘッドガスケットからは解決し、同じく増し締めによってデコンプバルブからも解決。

もう一つはキャブのマウント部から。加速時に何らかが原因でエンジンへのマウント部が動いてしまい、その時にエアを吸っている模様。もしかするとエンジンがスイングする事でエアクリかキャブの一部がフレームに当たっているかもしれません。とりあえずは、キャブが転覆しなければアイドルの上昇は無いのでしっかりとマウントし、エアクリ、キャブのフレームへの干渉を避けられれば解決。実際、転覆しなければアイドル急上昇もありません。

エルカミーノでお馴染みのバイク屋さんからもアドバイスをいただいて、パーツクリーナーを吹きかけてのエア吸いのチェックも行いましたが、その時点での吸い込みは見つけられませんでした。

 

さて、ここまで来て気が付いた事があります。お告げが下りて来たかもしれません。

燃調が濃い事とアイドル急上昇は別の問題で、アイドルの急上昇はほぼ解決。

残る問題は燃調ですが、プラグの焼け具合を見てみるとアイドルが急上昇した時はしっかりと焼けていました。

 

あれ、もしかしてガソリンが濃いんじゃなくて空気が足りないの?

いいちこ」のお茶割りが濃いのは、「いいちこ」が濃いんじゃなくてお茶が少ないのと同じ事?

 

パイロットスクリューを締めようが、スロージェットを小さくしようが、スロットルストップスクリューを締めこもうが混合気が濃いって事は、そもそもキャブレターに流れ込む空気が足りてないの?

アイドルから極低速域で調子が悪いって事は、スロージェットから吸い上げられるガソリンと混ざる空気、燃調に影響する空気の流れは・・・もしかして・・・

 

ここ?
f:id:tandem_hair:20190628084838j:image

 キャブレターのエアクリーナー側にある小さな穴。

 

 

お、マロッシのエアクリーナー、その穴、塞いじゃってないですか?
f:id:tandem_hair:20190628084835j:image

こ、これかもしれん!

 

早めに出勤したものの時間切れ。雨も降りだしました。

果たしてお告げは正しいのでしょうか?

 

 

モペッドと僕、燃調に悩む。

しっかりと規定トルク+αでエンジンを増し締めしたのですが、近所を走るとご覧の通り。
f:id:tandem_hair:20190625163227j:image

 

月末は何かと銀行巡りが多いので試走を兼ねて走っていたら、走行不能になりました。気温30℃でしょうか。地下鉄の駅一駅分を押して娘の同級生のお父さんが営むバイク屋さんに駆け込みました。

 

とりあえずはエンジン焼き付きではない、との事で安心。やや供給過多の燃料が原因ではないか、との指摘。キャブレターの油面調整、もう一度オーバーホール、燃料フィルター取り付け、チョークケーブルあたりを見直してみたら、とアドバイスを受けました。

 

 

炎天下、地下鉄二駅分をアオを押しながら歩く。知り合いに会ったりして恥ずかしい。それ以上に暑い。

 

もう一度キャブレターの洗浄。油面調整は素人が手を出すと元に戻せなくなりそうなので最後の手段にして出来る範囲にする。

f:id:tandem_hair:20190625163205j:image

 

家に有った6mm径の燃料フィルターを無理矢理5mmのホースに差し込む。しかし、エンジンがスイングする訳の分からん仕組みなので、スイングした時に干渉する。

f:id:tandem_hair:20190625163243j:image

 

タイラップでホースの取り回しを修正して、ラインもカット。

f:id:tandem_hair:20190625163303j:image

 

「これでどうだ!」とエンジンを始動してもアイドルでストール。プラグ洗浄、アイドルとパイロットのスクリューを調整して、何とか走れる感じ。

 

いや、いや、いや!

こんな誤魔化した様な走りの為に時間とお金をかけてきた訳じゃないぞ。しっかりと調整して、もう、恐ろしい程の加速、伸びが欲しいのだ。

 

むー。

アメリカのショップの店員さんはスローは42〜48でいいんじゃない?とか言ってたけど、どうなの?

 

現在、メイン98、スロー42。ニードルはW7の上から二段目。

 

おお、40のスローを買ってあるじゃないか!やるな、僕ちゃん。ゴルゴ信奉者だけに用心深い。

f:id:tandem_hair:20190625163317j:image

 

 

ハードな便秘家なので、昨晩から下剤を飲んで、それでも出ないのでイチジク浣腸の世話になりました。

下剤を飲んだら、その後の食べ物は下るので今日は朝から何も食べてないです。猛暑とイチジクと腹ペコで倒れそうです。

これで何ともならんかったら、もう今日は家に帰って憂さ晴らしに妻にDVするしかありません。いや、現状、返り討ちにあう危険が大です。何とか、何とか走れますように!

 

 

結果、パイロットスクリューを絞りに絞って、アイドルも高めにする事でエンストもせず、それなりに走る事が出来ました。

そうです、もう、ゆっくりしたいんです。

返り討ちにも嫌なんで、今日は出来た事にします。

 

 

バイク屋さんって、凄いね。

それが判っただけでも苦労してる甲斐がある。

 

現在

楽しい42% : 58%いい加減完成しろ

 

 

追記

プラグ確認しました。

真っ黒でしっかり焼けてる。どーなの?これ。やっぱり油面調整なのでしょうか?もう少し明るい色で焼けてると思ったんだけどなー。

f:id:tandem_hair:20190626080829j:image

 

 

 

 

仕事の息抜きのモペッド、圧縮も抜ける。

キャブレターを綺麗にしてみても、少し近所を走っただけでご覧の通り。スイングアーム、リアサス、ホイールまで未燃焼オイルでベットリです。

f:id:tandem_hair:20190624135005j:image

 

もう一度シリンダーヘッドを外した写真を確認してみるとデコンプ穴の所にオイル滲みがありました。ヘッド側にも抜けた形跡が確認できました。
f:id:tandem_hair:20190624135002j:image

 

何気にデコンプからも大量の未燃焼オイル。
f:id:tandem_hair:20190624134955j:image

 

デコンプバルブにもカーボンが溜まっていたので綺麗にして組み直し。
f:id:tandem_hair:20190624134952j:image

 

考えたら排気量もアップして、シリンダーヘッドも高圧縮タイプに変更してあるので、オリジナルのトルクで締めても緩みやすいのでしょうか?

 

もう一度、若干のトルクを増し気味でスタッドボルトから締め直し。

f:id:tandem_hair:20190625163110j:image

 

これで直ってくれたらいいんだけれど、、、。

 

そんな上手い事行く訳がない、か。

モペッド、中華の素で死ぬ。

混合燃料で走る、モペッド。プジョー・ヴォーグ。

ガソリンへの2ストオイル混合率を5%から4%、そして3%チョイで落ち着きそうだったので、仕事後に試走してきました。

法定速度までの加速はストレスなく、流れの速い夜の幹線道路でも怖い思いをする事なく70㏄にボアアップされたヴォーグは走ってくれていました。

どれくらいこの瞬間を待ちわびた事だろう。

 

んがっ。

 

10分くらい走った頃でしょうか。信号で止まるとアイドリングが恐ろしく高くなっていきます。そして、スタートでの加速はもたつくようにモモモモモ。

 

そして、次の信号で止まった時にはブレーキを握っていないと前に進んでしまうほどにアイドリングは高くなっていました。

「どーどーどーどー。アオや、落ち着くんだ。」などと言っている余裕もなく、ひとまずアイドリングを下げるべくスクリューを回して、その場をしのぎますが今度はスロットル全閉後にストール。

にっちもさっちもいきません。

帰らなくてはならないのでアイドルを上げて、なんとか帰宅しました。

 

そして、今朝。恐る恐るプラグをチエック。

f:id:tandem_hair:20190621171054j:image

あれ?いい焼け具合。今までこんな色になった事ない。

しかし、もう一度エンジンを始動させると10秒ほど高いアイドルを維持したかと思うと、そのままストールしてしまいました。

 

アイドルが上がるのは燃料が薄過ぎるのか、どこかから2次エアを吸っているか、キャブレターが詰まっているか、という事なので、とりあえずキャブを見てみました。

 

 

ああああああ!もう!

送料込み300円で中国からやって来たエアクリーナー。犯人は君だよ。
f:id:tandem_hair:20190621171057j:image

 

 

キャブレター内部はフィルターの繊維のカスやらゴミやらで大変な事に。
f:id:tandem_hair:20190621171103j:image

 

 

分解、そして清掃。これで大丈夫なはず。ついでにスロットル、チョークのケーブルを引っ掛かりがない取り回しに変更。
f:id:tandem_hair:20190621171110j:image

キャブが詰まっていたという事は燃料が薄過ぎた可能性があり、2ストオイル不足で油膜切れしているかもしれないのでシリンダーヘッドも外してみよう。

 

 

ええええええ!何か焼いたの?南極大陸ゴルバチョフ
f:id:tandem_hair:20190621171106j:image

 

 

恐る恐るピストンを下げてシリンダーを覗き込む。お、引っ掻き傷は無いみたい。
f:id:tandem_hair:20190621171100j:image

 

 

ピストンを抜こうかと思いましたが、そっと元に戻しました。

 

エアクリーナーがあんなに汚れの元凶だなんて。

まさか、あんなに中華の素が詰まってるなんて。

恐るべし。

 

当然、中華の素300円は取り付けず、元のマロッシ製超小型エアクリーナーを何とか取り付けました。

そして再び組み直されたプジョー・ヴォーグですが、現在、不動です。

これが僕の365歩のマーチ

一からやり直しそうで怖いです。

 

どうなる?どうする? 爆煙、爆音、爆オイルのモペッド

やっとエンジンが始動したものの、カスタムの続報が書けないのには、それなりの理由がありました。

購入したキャブレターに不具合があり、購入先のアメリカのショップに写真と共にメールを送ったところ、少々責任の所在で意見が食い違い、写真を拡大して説明を付けたりして交渉して納得してもらい、返金に応じてもらいました。

そんなこんなで新しいキャブレターに交換して、いよいよ、と思った矢先にパイプの溶接が割れていて、爆音を轟かせている事が判明。
f:id:tandem_hair:20190619142648j:image

 

ほんの小さな溶接個所ですが、物凄く激しく擦れ合って爆音を生み出します。
f:id:tandem_hair:20190619142645j:image

 

お客さんで溶接できる人が居たので頼んで盛ってもらい、耐熱スプレーを適当に拭いて錆止めとしました。
f:id:tandem_hair:20190619142651j:image

 

エアクリーナーを落として本体は回収できたものの、クランプが見つからずにいました。仕方がないので代わりを探したのですが、超小型のエアクリがなかなか見つからず、アマゾンで中国からの送料込みで300円という恐ろしい品を発見して、面白半分で買ってみました。35~36㎜径でしたが、32㎜径でも大丈夫そうでした。

そのままではフレームに干渉して取り付け出来ないので、プーリーのベルトを小さい径へと交換して、キャブレターを尻上がりにする事でギリギリ取り付けが可能となりました。
f:id:tandem_hair:20190619142642j:image

 

とりあえずは走っていますが、スロットルを全閉にするとエンジンストール、信号待ちが長いとエンジンストール、と問題があります。

 

その原因はたぶんコレ。ガソリンと2ストオイルの混合率。

国内の情報を収集するとボアアップ後には4~5%の混合率だったので、5%から始めて現在4%にしてあります。それでも、もう5分も走れば塗装でもしたかのようにオイルがベットリです。タイヤに付いて転倒しそうです。

f:id:tandem_hair:20190619161640j:image

 

海外の方は32/1つまり3.125%程度が主流のようで、それなら僕が50㏄のノーマルで乗っていた時と同じ混合率です。

焼きつかせるのも困るので3.3%くらいで様子を見てみようかと思います。

 

いい年して爆煙、爆音も恥ずかしいです。

アマゴ釣りに行ってきました。

天気も良いし連休だったのでアマゴ釣りに出かけました。

3時起き、4時出発。7時頃に現地着。

バイク釣行なので到着時には既に疲れています。

サービス業なので土日はかなり忙しく、それだけでもヘトヘトなのに仮眠だけして遊びに行くなんてオジサンには厳しいものがあります。

老眼のオジサンはヘルメットの着脱の度に眼鏡を外すのが面倒になり、何年かぶりにコンタクトレンズを装着しての釣行です。

 

さて、いざ到着してみると有望ポイントには既に先輩たちが立ち込んでいます。そう、ここ郡上は鮎釣りの聖地でもあるのです。アマゴ釣りは鮎シーズンが始まると肩身の狭い思いをするのでした。

f:id:tandem_hair:20190619142523j:image

 

 

どこか入れそうなポイントを見て回ります。ですが、空いている場所はなかなかの水量。対岸へ渡れないので短い距離を釣っては移動の繰り返し。

f:id:tandem_hair:20190619142510j:image

 

 

前回覗いたポイントならば、と支流へ移動。日陰も増えて気持ちが良い。
f:id:tandem_hair:20190619142513j:image

 

 

支流に入ると水量も落ち着いて良さそうな雰囲気。大場所よりもこれくらいの規模の方が好み。
f:id:tandem_hair:20190619142516j:image

 

 

しかし、釣れども釣れどもチビばかり。ならば、テンカラに変えて楽しもうとしましたが、老眼でラインが結べず!コンタクトレンズがアダになりました。もしもの為に眼鏡も持って来ているので、コンタクトを外して…眼鏡を…!??

あれ、眼鏡が無い。バイクの荷物に入れてあるわ。

どーしよう。いや、どうしようもないでしょう。視力0.03では何も見えん。困った時は「ゴルゴならどうする?」と自分に問う事にしているのですが、答えは「バイクへ戻る。」だったので、何度も渡渉しながら、必死に川を下りながら何とかバイクへ辿り着きました。
f:id:tandem_hair:20190619142519j:image

 

 ああ、もう二度とこんな事は…。と思っていたらザックに差してあったテンカラ竿が無い!

 

という事で、眼鏡を装着して川へ戻り、藪の中で無事に竿を回収。

すっかり疲れ果てて、泊りの予定でしたが家に逃げ帰りました。

 

もう、遊べません。それ程までに疲れてバタンキューでございます。