だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

トモス・アルピノ チャンバー交換で化ける

クラッチシュー交換で生き返ったのも束の間、フルスロットルしたら始動不能になった我がトモス・アルピノ

おそらくはキャブの詰まりだと判断して、ついでにチャンバー交換もしました。

 

トモスA35エンジン用として売られていた「ハンターパイプ」。A35用ではありますがアルピノに付けられている写真はネット上にも見つけられませんでした。なのに買う自分。

f:id:tandem_hair:20191028123340j:image

 

 

想定通りですがセンタースタンドにぶつかって付きません。
f:id:tandem_hair:20191028123406j:image

 

 

ならば、と新品のチャンバーをバーナーで炙って容赦なくハンマーで叩いて凹ませました。が、それにも限度があるので限度を超えたあたりで作戦変更して、センタースタンドを後方へ移動させる事にしました。フレームに穴を開けて、スタンドを上げた時に後輪へ干渉しないギリギリに移動。
f:id:tandem_hair:20191028123359j:image

スタンドを立てると2㎜くらい当たりますが、まぁOKとします。

 


トモスはキャブへのアクセスが非常によろしくない、とは聞いていましたが本当に面倒くさかった。左ペダルクランクのコッターピンを抜いてクランクを外して、エンジンサイドカバーを外して、チェーンを緩めて、エンジンマウントボルトを2本抜いてアゴが外れるみたいになるようにエンジンを降ろさないとキャブが外れません。
f:id:tandem_hair:20191028123347j:image

元に戻す時にエンジンマウントのボルトの差し込み方向を逆にしました。これでサイドカバーを外す手間が省けます。ペダルクランクもそのままで大丈夫ですね。

 

エアフィルターカバーから伸びるダクトがフレームに突き刺さっています。オフロードバイクを主張しているのでしょうか?少しエロいと思いました。ごめんなさい。
f:id:tandem_hair:20191028123410j:image

 

 

デロルトSHAキャブレターというメインジェットとアイドルストップスクリューのみで調整するタイプです。手動チョークでフルスロットルにする事でチョーク解除となるのですが、キャブ内部の汚れでチョークのカムが引っかかっていたので分解清掃しました。
f:id:tandem_hair:20191028123344j:image

 

 

キャブレターのトップカバーのガスケットが破れてバラバラだったので、プジョー・ヴォーグの時に使ったガスケットの端切れを使って自作しました。
f:id:tandem_hair:20191028123403j:image

スロットルケーブルにも引っ掛かりがあったので、ついでに自作しました。プジョー・ヴォーグの経験が活きていますねー。

 

 

標準では53くらいのジェットが付いてると聞いていましたが、自分のアルピノには49が付いていました。プラグも標準の熱価6ではなく7が付いていました。ジェットは56に交換、プラグは熱価6に変更。
f:id:tandem_hair:20191028133123j:image

 

 

試走してみました。

思わず笑いがこぼれるくらいに変化しました。トモスのメーターを時計に例えると4時を超えます。実際の針はそれ以上回らないので正確には最高速度は判りませんが、これなら何とか実用に耐えそうです。でも、うるさいですね、やっぱり。
f:id:tandem_hair:20191028123506j:image

 

ガソリン:オイルの混合比ですが、トモス標準だと50:1なのですがアルピノの燃料コックには25%の表示があります。前オーナーからは50:1だと聞いていましたが、それだとプラグ熱価7でも6でも焼け過ぎだったので40:1、25%で試してみました。

メインジェットのみでの調整だからなのか、プラグの中心はしっかりと焼けているのに外周部分は黒い煤が多くなっていました。こんなもんなんでしょうかね。

 

隙をついて知多半島まで出かけようかと思ってるのですが、用事や悪天候で出かけられません。モペッドで100㎞超えるツーリングに出たいものです。壊れる事を期待しつつ、ね。

トモス・アルピノ クラッチシューを交換する。

初試走したトモス・アルピノですが、クラッチが滑ってなかなか2速へとチェンジしてくれないので、とりあえずはオイル交換してみます。

 

f:id:tandem_hair:20191009191654j:image

なんだ、これは。タールのようです。量も少ないし。こりゃ、音もうるさい訳だ。

 

 

走行距離も9300㎞程度なのでクラッチシュー交換も近いであろうとパーツは既に発注済み。いざ、交換。ぱっかーん。
f:id:tandem_hair:20191009191647j:image

もう後には戻れません。右側の丸いヤツがクラッチです。背中合わせに2個付いていました。手前が1速、奥が2速の様です。湿式クラッチって言うんですか?

 

それにしても汚過ぎる。ヘドロの様な物が堆積していました。パーツクリーナーを吹き付けてもこびり付いて取れません。中年男性の体もきっとこうなのでしょう。
f:id:tandem_hair:20191009191701j:image

 

クラッチシューを取り外しました。やった事などありませんが、勘、何となく、です。どうです、コルクなんですよ。クラッチシューが。右側の交換前の1速用シューはかなり擦り減っていました。そしてヘドロまみれ。
f:id:tandem_hair:20191009191640j:image

コルクなら張り替え可能なので綺麗にして保管します。

 

 

こちらが2速用のクラッチ。川底から回収してきたのかという程にダーティ。
f:id:tandem_hair:20191009191651j:image

 

 

綺麗にして、交換組み立て。気持ちがいい。オイルに浸けたくないくらい。
f:id:tandem_hair:20191009191643j:image

 

クラッチシュー交換もすんなりとパーツを入れ替えて終了という訳にはいかず、お決まりのように電動工具のお世話になりました。付けたいのなら、削れ。これ常識。

 

カッシャーン!装着!

クリーンです。もっと綺麗にしたいけど余計な事するとオイルシールをダメにしてしまいそうなので閉じました。
f:id:tandem_hair:20191009191658j:image

 

 

いやー、無事に元に戻りました。

最大の難関はクラッチのスプリングを元に戻す作業でした。外すのは簡単でもどう戻していいやら。めちゃくちゃ硬いです。専用工具とかコツとかあるんかな。

 

で、試走。

交換前は20㎞/hくらいから25km/hくらいにかけて「キュイーーーン!」といいながら全然加速しないで、突然2速になって加速してビックリ、という感じでした。

交換後はためらいながらも以前に比べるとスムースに2速になってくれるようになりました。それでも一瞬減速するような感じです。

トモスの2速オートマって元々こんな感じなのでしょうかね。それともコルクにオイルが浸み込んでないのでしょうか。

いずれにしても大丈夫。

愛せます。この感じ。

 

 

登坂性能を試す為にフルスロットルをしてみました。

予想通り遅いですが登りました。

そして翌日、なぜだかアイドリング不良で始動不能になりました。

 

「マジか。」

「こうでなくっちゃ!」

が心の中で交錯しています。

 

とりあえず、キャブレターを掃除します。

トモス・アルピノ ナンバーを取得する。

f:id:tandem_hair:20191004094521j:image

我が家にやってきたトモス・アルピノ

なかなか皆様には気に入られている様子です。

とりあえず、ナンバーを取得して走らせられるようにします。

 

まずはブレーキ。思ったよりもブレーキシューは残っていたので、そのまま使えそうです。それよりもダストがひどく、スプリングも錆びついています。カムが動かないのでバラシてグリスアップして組み立てました。アクスルもグリス切れでカピカピです。
f:id:tandem_hair:20191004094451j:image

ブレーキケーブルが30センチ近く長過ぎたのでカット。この状態で売っとったんかなぁ。

 

ついでにタイヤ交換もしました。タイヤはハンターカブ用にしました。ホイール内側にまで錆がびっちりで、問題ない程度まで綺麗にして知らないふりをしました。

f:id:tandem_hair:20191009184602j:image

 

ウインカーはカバーのみ交換、ブレーキレバーは社外品に純正レバーを移植しました。ブレーキランプスイッチは使えそうでした。

f:id:tandem_hair:20191009184947j:image

調子に乗って魚焼きグリルみたいなのをヘッドライトに装着してみました。オフ車感アップです。

 

その勢いで区役所でナンバーを習得して来ました。

ドキドキの初試走。

こ、こ、これが2速オートマの走りか。実におっとりした加速です。

それにしても「キュイーーーン!」と凄い音がします。音に反比例して全然進みません。

どうやらクラッチが滑っている様です。

 

なんだか嫌な予感がしますが、とりあえずはギアオイル交換してみようと思います。

地獄の入り口でありませんように。

 








 

トモス・アルピノ 我が家に来る。

近所のバイク屋さんの前を、ヴォーグでスパパパーッと通ります。

チラ見した時に変なバイクがないか確認するのですが、ある日「トモス アルピノ」があるのを見つけました。

帰宅してからネットで調べるとなかなかの値段。愛知県下唯一の登録になるらしい。確かに現物を見たのは初めて。

「そんなお金、あらすか。」

 

そんなある日、お客さんとの会話の中で再びアルピノの話になったので調べてみると、売約済みになっていました。チャレンジャーがいるものだ、と思っていたら某個人売買サービスに同じような車両が出品されているのを発見。価格は1/3以下。な、何?

 

出品者とコンタクトを取って、現状を聞く。

前後ブレーキ効かずに自損転倒事故、後ブレーキレバー、左ウインカー、左ペダル、左ミラー破損等々、要は転んで左側に倒れたらしい。エンジンはかかるみたい。

やはり近所のバイク屋さんで購入したらしい。直す気力も無く、売りに出すも引き合いはあるものの、チャレンジャーは現れずにいたらしい。

 

という事で、我が家にやって来ました。里親気分です。

f:id:tandem_hair:20190918175742j:image

 

A5型エンジン。海外サイトで調べたら、よくあるA35型と同じらしいです。
f:id:tandem_hair:20190918175709j:image

 

そして2速オートマ。どんな感じなんだろう?キャブはデロルトSHA14/12というメインジェットのみで調整するタイプ。キャブはオーバーホール済みと言っていましたが、オーバーフロー済みでもあるらしく、エンジンがベチョベチョです。
f:id:tandem_hair:20190918175718j:image

 

燃料コックが壊れていたので2㎜のボルトで回せるようにしました。
f:id:tandem_hair:20190918175726j:image

 

トモスあるあるらしい、ブレーキ破損。ブレーキランプスイッチは生きているのでしょうか?
f:id:tandem_hair:20190918175729j:image

 

ウインカーカバー交換だけで済むのでしょうか?売ってるの?
f:id:tandem_hair:20190918175712j:image

 

割れていますが関係ないです。こいつは後回しですな。8㎜径でした。
f:id:tandem_hair:20190918175733j:image

 

いやー、鮮やかなサビ色です。錆びやすいとは聞いていましたが見事です。でも、そんなに深くはない感じ?ボディの青との対比が綺麗ですね。
f:id:tandem_hair:20190918175715j:image

 

リアショックもご覧の通り。面倒なんだよね、スプリングって。
f:id:tandem_hair:20190918175738j:image

 

まずはブレーキが利くようにしてから、イケそうならウインカー直して、ペダル交換してナンバー取得。

試走して問題が有れば本格的に修理しましょう。試しにエンジンをかけてみましたが一発で目覚めてくれました。カシャカシャ、ガシャガシャ凄い音がしてますが、トモスってこんな感じなのでしょうか?

 

1年、1台。

いやいや、ゴミ屋敷はゴメンです。

ハゼ釣りに行って来ました。

暇なのでハゼ釣りに行ってきました。

適当なので潮は無視して、場所もいつもの亀崎の浜です。

 

最近のハゼ釣りセット。

「子供連れて行くと餌付けで忙しくて、自分の釣りが出来んでイカンわ。」というお父さんたちの声にお応えしてゴカイ以外の餌を試してみた結果、ホタテの貝柱に落ち着きました。ゴカイと遜色ない釣れっぷりも経験して、安いし、保管が利くし、エサ屋に買いに行く手間も要らんし、食べられるし、簡単に針に引っかけるだけなので良いです。

 

竿はダイワのタナゴ竿「ひなた」の八尺。もう、この竿のおかげでハゼ釣りがずいぶん楽しくなりました。「キュキュキュキュキュゥーッ!」って鳴きますからね、ハゼで。軽いし、コンパクトだし、バイクで釣りに行く人には最高です。もっと長いのも欲しいくらいです。

f:id:tandem_hair:20190926180743j:image

 

仕掛けは「塙式」です。これも子供でも安心のバーブレスフックも試しましたが、餌が取られやすくダメでした。貝柱だとハゼに餌をやりに来たんかと思うくらいです。ならばネムリが入った針ではどうかと試しましたが、針掛かりが悪くてダメでした。今日はティムコのフライ用フックを使ってみます。どんなもんでしょうか。

ナイロンの道糸、フロロの枝。家にあったから。枝はナイロンだと柔らかく絡みやすいので張りのあるフロロの方が良さそうな気がします。更に根元付近をグルグルして補強して斜め上方向へ枝が出るようにすると具合が良かった気がします。
f:id:tandem_hair:20190926180750j:image

 

浜へ行く途中で教えてもらったポイントへ寄ってみました。エイがいました。こんなモノが掛かったら「ひなた」が折れてしまうので退散。
f:id:tandem_hair:20190926180741j:image

 

浜に到着。

突堤には先客のおじさんが一人だけいましたが、全然竿が曲がる様子がありません。不安的中、おじさんの釣果はハゼ1匹。僕は6匹でした。貧果に泣きそうですが、ハゼは大きくなって食べごろサイズです。残った貝柱をバケツの中へ入れるとハゼが食べていました。絶体絶命の状態のはずなのに貪欲なハゼを見て鋼のメンタルを学びました。敬意をもって今日は海にお帰りいただきました。針は良い具合でした。
f:id:tandem_hair:20190926180747j:image

 

空もドンヨリ。雨もパラついていました。そして短パンは寒かった。
f:id:tandem_hair:20190926180736j:image

 

まだ貝柱が冷凍庫に残っているので、もう1回ハゼ釣り出来そうです。

今池まつり 2019

本当はこういった記事は事前に書くべきなのですが、余計な楽しい事が重なったのでブログを放置してしまいました。

 

あっという間に夏もオシマイ。名古屋の夏は個人的には今池まつりで終わります。

今年はお客さんがバンド演奏するという事で楽しみです。

f:id:tandem_hair:20190918175343j:image

(前夜に散髪しに来てくれた「みそガンボ」のボーカル&バンジョー担当)

 

 

今年は奥さんと参加ですが、容赦なく到着早々にホルモン&ビール。
f:id:tandem_hair:20190918175355j:image

 

既に凄い賑わいです。恒例の今池プロレス&リング上結婚式。皆さん幸せそうですな。
f:id:tandem_hair:20190918175358j:image

 

ビール飲んでチューハイ飲んで大潮屋でお好み焼き食べて餃子食べてまた飲んで。
f:id:tandem_hair:20190918175406j:image

 

タイムテーブル見ながら演奏聴いて、また飲んで。
f:id:tandem_hair:20190918175350j:image

 

チューハイ片手にみそガンボ聴いて。涼しくなった風を感じながらデキシーランドジャズ。皆、笑ってるなー。幸せだなー。
f:id:tandem_hair:20190918175347j:image

 

陽も暮れてキンブラで男たちは大盛り上がり。
f:id:tandem_hair:20190918175402j:image

 

最後は原オナさん聴いて完全燃焼。

また来年ー。夏よ、さようならー。

夏休みは飛騨でイワナ釣り。

ひと月程前になりますが、今年は飛騨に釣りに行ってなかったので日帰り釣行して来ました。

 

夏の河原は藪漕ぎがハードですが、これはかなりハードでした。

f:id:tandem_hair:20190918175137j:image

 

うっかり転べません。栗のマキビシだらけです。
f:id:tandem_hair:20190918175144j:image

 

うっかり手を着けません。そこにはベビがいます。
f:id:tandem_hair:20190918175140j:image

 

今年一番の大物に1mまで近づけましたが、ネットに手を掛けた途端にバレてしまいました。

それでも多くのイワナに遊んでもらえました。
f:id:tandem_hair:20190918175133j:image

 

来年はもっと飛騨に行きたいなぁ。

トンボが飛びかう田んぼを見ると毎年切なくなります。

早く夏が来ますように。