だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

スズキ ユーディミニのキャブレターオーバーホール

オイルその他、昭和の汚れでドロドロのキャブレター。

f:id:tandem_hair:20220312230735j:image

 

バラバラにして洗浄。パッキン交換。

f:id:tandem_hair:20220312230604j:image

奥様に優しいオートチョーク部。分解、清掃。

熱を伝えやすくする為にCPU用のグリスをヌリヌリして組み付け。

f:id:tandem_hair:20220312231032j:image

 

エンジンもピカピカに磨き上げて、キャブとオートチョークを組み付け。

f:id:tandem_hair:20220312231122j:image


カッコいい。

 

スズキ ユーディミニ 令和に蘇る。そして、嫁ぐ。

昭和の優しさ、おおらかさを令和の今に。

そんな気持ちで薄汚れた不動車体をバラバラにして清掃、整備して来ました。

日毎にキレイになる作業はストレス解消でもありました。

f:id:tandem_hair:20220905000848j:image

 

そんなユーディミニも完成し、まずは試走を兼ねて回転寿司スシローまで。
f:id:tandem_hair:20220905000832j:image

 

続いて花見。
f:id:tandem_hair:20220905000852j:image

 

ついに街まで。レコード屋で買い物。
f:id:tandem_hair:20220905000838j:image

 

50ccなので下手な事は書けませんがメーターを振り切りそうな気がします。

気がするだけです。
f:id:tandem_hair:20220905000859j:image

 

足つき性抜群。超ローライダー。
f:id:tandem_hair:20220905000835j:image

 

 

そして、この夏、必要としてくれるお友達の家に嫁ぎました。

3時間ほどの自走納車を楽しんでお別れしました。

f:id:tandem_hair:20220905001012j:image

 

 

めでたし、めでたし。

スズキ ユーディミニ 汚いシートをキレイにする。

いかにもFrom昭和のユーディミニのシート。

f:id:tandem_hair:20220904235955j:image

 

SUZUKIの文字はキレイですが劣化で縫製が破れているので処置をします。
f:id:tandem_hair:20220904235948j:image

 

シートカバーを剥がしアンコを確認。使えそうです。
f:id:tandem_hair:20220905000020j:image

 

ベース部分。キレイです。
f:id:tandem_hair:20220905000011j:image

 

問題のシートカバーはパリンパリンです。
f:id:tandem_hair:20220905000017j:image

 

とりあえず向こう側が見える程の穴はゴムの接着剤で埋めます。

f:id:tandem_hair:20220904235958j:image

 

縫製部分は全滅なので液体ゴムでシーリング。

その後、裏面全体を液体ゴムを塗って防水、補強。
f:id:tandem_hair:20220905000023j:image

 

ヒートカバーを被せて引っ張ると破れそうになるので、更に液体ゴム追加。
f:id:tandem_hair:20220904235952j:image

 

ハーネスもオイルでドロドロなのでテープを巻き替えてリフレッシュ。
f:id:tandem_hair:20220905000236j:image


蘇る昭和。

スズキ ユーディミニ オートチョーク組み付け、マフラー塗装

オートチョークという優しさ装置。

シリンダーの熱をキャブレターのオートチョークに伝えてチョーク部の開閉をする。

f:id:tandem_hair:20220904235417j:image

 

熱伝導を高めるグリスをヌリヌリ。
f:id:tandem_hair:20220904235258j:image

 

真鍮パイプで熱を伝えてます。見たことねーです。
f:id:tandem_hair:20220904235308j:image

 

フレームに組み付け。カッコいい!
f:id:tandem_hair:20220904235519j:image

 

マフラーも耐熱塗装で綺麗にしましょう。
f:id:tandem_hair:20220904235613j:image

 


うーん、Skelly Style !
f:id:tandem_hair:20220904235311j:image

 

これで乗りたいほどの完成度。
f:id:tandem_hair:20220904235647j:image

 

 

しかし、座れないので椅子を取り付けます。

スズキ ユーディミニ ガソリンタンク錆び取り、フロントフォーク穴埋め

錆びと腐ったガソリンでヌタヌタのガソリンタンク。

モノタロウの洗浄剤で3回漬け置き洗浄。

f:id:tandem_hair:20220904234912j:image

 

ミスドのオールドファッションをタンクキャップから外して、ホンダ純正部品に交換。
f:id:tandem_hair:20220904234915j:image

 

外科手術にてヘコみを修正したフロントフォークを金属パテで穴埋め。
f:id:tandem_hair:20220904234918j:image

 

フレーム、クランプ部分その他を黒錆転換材で保護。
f:id:tandem_hair:20220904234921j:image

 

 

さぁ、やっと組み上げられそう。

切らずに直す?

右のフロントフォークが動きません。

f:id:tandem_hair:20220120212440j:image

 

なぜかと言うと凹んでいるから。
f:id:tandem_hair:20220120212452j:image

 

ならば!と凹みをガリガリ削ってやりました。
f:id:tandem_hair:20220120212449j:image

 

試行錯誤の末にバラす事に成功。
f:id:tandem_hair:20220120212447j:image

 

問題はこれからどうするか、ですねぇ。

剛性?

要るの?ソフトバイクですよ?
f:id:tandem_hair:20220120212512j:image
f:id:tandem_hair:20220120212443j:image

 

溶接頼むか、金属パテか。

やっぱりギッシリ詰まってました。

ソフトバイク、ユーディミニの燃料コックを外しました。

腐ったガソリンとガソリンタンク内の錆が流れ込んで、コック内が詰まっていました。ハンドルガスケットは使えそうにないです。

f:id:tandem_hair:20220112103340j:image

 

タンク内にあった部分は錆びてボロボロでした。割れてますね。
f:id:tandem_hair:20220112103342j:image

 

恐る恐る負圧コック部を開けてみました。ダイヤフラムは片方だけしか確認しませんでした。少しだけピンホールがあったので余計な事はせずに閉じました。
f:id:tandem_hair:20220112103337j:image

 

タンク取り付け径が14mmだったのでモンキー用の落下式に変えた方が無難な気がします。

パーツ無いですし。