だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

モペッドをカスタムするぞ。その20 最終回

「ドブゥォブロロロー!ガブゥァーッ!」

とうとうこの日がやって来ました。「四ツ葉モーターサイクル」さんの働く車・エルカミーノの背中にはちびっ子ブルーライオン、僕のプジョー・ヴォーグがおんぶされています。

この光景も近所の人にも知れるところとなり、「あんた悪い人と付き合っとらせんか。」と心配されています。

f:id:tandem_hair:20190510100652j:image

 

 

皆さん、完成を期待していたのでしょう。しかし、僕のブルーライオンは産声をあげてはくれませんでした。何が原因か判らぬまま。
f:id:tandem_hair:20190510082538j:image

 

現状では火花が飛んでくれない状態です。ペダルを漕いでクランキングさせるとロックします。たぶんクラッチが原因だと思われます。これが正常なのか異常なのかは今は判りません。降車して手で押してやると勢いが増すと同じようにロックします。プラグを外して圧縮を抜くと回ってくれます。良い方向に考えれば「スムーズなエンジンスタートが可能になった。」のかも知れません。悪い方向ならば「クラッチの異常でロックしてしまう。」状態です。YouTubeでフランス人が1mくらいの距離で押し掛けしている動画をアップさせているのを観た事がありますが、火が飛ばない状態では確認のしようがありません。

 

さて、長らくお付き合いいただきましたが「モペッドをカスタムするぞ。」シリーズは今回の20回目をもちまして終了とさせていただきます。

「完成しない。」という衝撃の幕切れ。

もちろん「こんなもの河原に捨ててしまえ!」とか「いいバイク、あるよ。買わない?今は動かないけど自分で触るの好きな人には最高の材料だと思うよ。」とかは無いので安心してください。

ただ「完成しないまま終わる。」という事が面白い、現実味がある、と思ってしまう性分なのでスミマセン。

「これ以上このシリーズを続けるとヴォーグに汚名を着せる事になりかねない。」との懸念もありますしね。

 

コツコツやるのは好きなので、暇を見つけて試行錯誤してみます。購入先のラテン車専門の車屋さんに相談するのも手でしょうか。引退された先代の社長さんが得意としていた分野なのでヒントがもらえるかもしれません。

 

「こういう事は楽しんでやれないと。」

バイク屋さんが言っていた言葉ですが、その通りですね。

 

次は元気に走り回る姿をお見せできますように。

いつの日かに続きます!

 

長良川へサツキマスを探しに行ってきました。その1

足が遠のいていたサツキマス釣りへ行ってきました。今年は本当に行こうと思って事前にシーズン券を購入済みです。

 

気持ちの良い晴天ですが前日の雨で増水気味、加えて雨後の強風、田んぼの代掻きによる濁りで釣りにはベストとは言い難い状態でした。

f:id:tandem_hair:20190510084814j:image

 

上流へ向かって波が立っています。フローティングミノーでは飛んでいきません。ヘビーシンキングでも厳しい。
f:id:tandem_hair:20190510084828j:image

 

 

50m以上に渡って手前かけ上がりにニゴイの列。本命の仲間と思われる銀色の魚体をヒットさせましたが3m程の距離まで寄せてきたらニゴイパニックが発生して、本命も焦ったのか岸際まで突っ込みつつ上流に走ったところで無念のフックアウト。

魚を確認したところでテンションが上がりましたがチャンスは再度はやって来ませんでした。初日にヒットしただけでも満足。
f:id:tandem_hair:20190510084825j:image

 

 

本日の釣りは終了。ハンモック持って来たので昼寝します。しかし、むちゃくちゃ強風で張るのに苦労しました。フライ、蚊帳が一体式のヘネシーハンモックですが、飛ばされそうなのでフライは外しました。
f:id:tandem_hair:20190510084822j:image

 

 

若者グループが男女で楽しそうに河原でBBQをしています。匂いだけいただいてカップヌードルを食べました。BBQの匂いとチリトマトヌードルは合う事がわかりました。
f:id:tandem_hair:20190510084818j:image

 

 

暴れるハンモックも寝転んでしまえば大人しくなり、心地よく揺さぶってくれます。普通なら。どうやら今日は風が強過ぎるみたいです。人によっては酔うかもしれません。
f:id:tandem_hair:20190510084831j:image

 

 

結局、小一時間昼寝して帰宅しました。

次こそはサツキを手に出来ますように。

郡上へアマゴ釣りに行ってきました。

4月15日と16日の釣行記録です。アップしたかと思っていたら忘れていました。

 

郡上へアマゴ釣りに行ってきました。吉田川本流はパッとしなかったので支流へ。

どこへ入っていいのやら判らないので適当に入りやすそうな場所から入渓。今回もバイク釣行です。到着時には既に疲れています。
f:id:tandem_hair:20190417145846j:image

 

前日の雨で増水気味でしょうか。でも、雰囲気良さそうです。ちびっ子アマゴが1匹釣れたものの沈黙です。川から上がると餌釣りの先行者さんと会いました。良い釣りが出来たそうです。良かったね。そして、残念ですね、僕。無駄な時間でした。
f:id:tandem_hair:20190417145917j:image

 

 

漁協のおじさんと会って入渓点を聞き出して移動。
f:id:tandem_hair:20190417145939j:image

 

 

ちびっ子アマゴが釣れました。綺麗ですね、アマゴは。
f:id:tandem_hair:20190417145955j:image

 

 

温泉入って野宿。コンビニでビールとワンカップ大関とおつまみを購入。至福の時間。しかし、甘かった。めちゃくちゃ寒い。寒すぎる!寝れん!
f:id:tandem_hair:20190417150023j:image

 

 

朝起きたらテントとバイクが凍っていました。解凍するまで待ちました。
f:id:tandem_hair:20190417150041j:image

 

 

その後、少しだけ本流を見回りして帰りました。

朝の気温は道路の電光標識で0℃、帰宅時には22℃でした。

街の人間には厳しいです。

でも、この「予想外」を求めて来ちゃうんですよね。

 

さて、これからは長良川サツキマスのシーズンです。釣れない釣りですが1匹釣れたら郡上へ再訪します。釣れなくても来ます、もちろん。(そのパターン多め。)

再びウェーダーの水漏れ修理

「いやー、冷たい。ビッタビタだでかんわ。」

 

今年初の渓流釣りへ水漏れが直ったはずのウェーダーを持って行ったんですけど、5分で大自然を直に感じました。ズボンの膝までグッショリです。
f:id:tandem_hair:20190411131936j:image

 

 

うわー、開いてまっとるがや。ストッキングに穴が。何で?石?
f:id:tandem_hair:20190411131955j:image

 

 

原因はウェーディングシューズ。ダナーのリバーグリッパーでした。
f:id:tandem_hair:20190411132012j:image

 

 

靴の中を覗くと底の方に何やら飛び出してます。釘みたいなのが1㎜程度出てました。
f:id:tandem_hair:20190411132025j:image

 

 

100均で臭くならずに早く乾きそうなインソールを買って来て、靴に放り込みました。
f:id:tandem_hair:20190411132041j:image

 

 

問題はウェーダーの穴。でも大丈夫。メルコテープ。何でも有るね、この家。
f:id:tandem_hair:20190411132053j:image

 

 

裏からも表からもアイロンでピターッ。
f:id:tandem_hair:20190411132106j:image

 

 

もう、いいよ。こういうのは。普通に使わせてくれ。贅沢は言わん。普通でいい。

郡上へアマゴ釣りへ行ってきました。(魚あり)

今年初めての渓流釣りへ行ってきました。

初めての河川ですが気合を入れてシーズン券を購入して郡上八幡へ。

 

天気予報ではそろそろ雨が上がるはずなのに、朝方4時になっても名古屋の自宅を出る時も雨はやむ気配はありません。

結局、国道156で美並辺りまでは雨に降られていました。今日は愛車セローでの釣行なので寒くて泣きそうです。


それでも郡上に着く頃には雨も上がり、穏やかな釣り日和に。

初めての川なのでとりあえずは上流部まで走り、入りやすそうな場所から順番に下って来ました。
f:id:tandem_hair:20190410122021j:image

 

 

綺麗な水。雰囲気の良い渓流。しかし、さすがはアマゴ釣りの本場郡上。どこも足跡だらけです。自分も足跡も加え始めた釣り開始5分後。直したはずのウェーダーの左足は春の冷たい渓流の水でビショビショです。冷たい…。
f:id:tandem_hair:20190410122117j:image

 

 

さらには川から道路に戻る途中で転倒。初ゴケです。バイクを起こそうとしてもタイヤも足も砂利で滑ってなかなか難しい。泣きそうです。
f:id:tandem_hair:20190410122255j:image

 

 

いやー、釣れんし、足冷たいし、バイク転倒するし、ご飯だ、ご飯たべるそ。道の駅で明宝ハムと原木シイタケ買って、「ヨコザワテッパン」で焼いて食べよう。
f:id:tandem_hair:20190410122330j:image

 

 

ご飯食べて元気が出てきたので、目の前の流れにルアーを投げたらアマゴが釣れました。午後になって暖かくなってやる気出したか。俺もやる気出たぞ。
f:id:tandem_hair:20190410122436j:image

 

 

ルアーを追いはするものの口は使ってくれません。やっとの事でもう1匹追加。しかし、綺麗ですね、アマゴ。朱点も控えめでよろしい。最近はやたらと朱点が派手な「花魁アマゴ」なんて呼ばれるタイプも見かけるけれど、あれって人工的に作り出したアマゴなんですってね。地域によっては珍しいのか釣って喜んでいる人も居るみたいですけれど。
f:id:tandem_hair:20190410122535j:image


今回はミッチェル408に代わって358を使ってみたんですが、やっぱり比べてみると408は飛びますね。それでも358はライントラブルも無いし、それなりにハイギアなんでアップもダウンも使いやすくて気に入りました。軽いミノーを多用する渓流釣りでは風がライントラブルの原因になりやすいので渓流では358、本流は408と使い分けようかな、と。

 

その後、暖かくなったと思ったら風が強くなってきて、あれよあれよという間に雨が降って来ました。「この雨で一気に活性化して、夕方は爆釣だな。イッヒッヒ。」とか思っていたら全然止みません。結局、納竿して道の駅併設のお風呂に入って雨宿り。夕方6時まで待っても雨が降っているので仕方がなく合羽を着て帰路に。

この時期、雨のバイク釣行は寒くて疲れるので避けたいのですが、アマゴ釣りは雨降りと密接な関係があるのでそうも言っとれんのですよね。

 

初めての郡上でのアマゴ釣りでしたが、いろいろありましたが楽しめました。

 

 

また、来週行くか。雨降ったらどうしようか。そろそろサツキマスも始まるしなー。

 

ミッチェル408と358

ずっとボロいミッチェルを使っています。

 

408を可愛がっていたのですが、去年の釣行で4mほどのほぼ垂直な土手から滑り落ちた時にネジが切れて、ボディーからローターが取れてしまいました。ボンドでくっつけて無理やり使っていましたが限界が来たので358に今年は頑張ってもらいます。
f:id:tandem_hair:20190410121638j:image

 

408と言えばスパイラルベベルギアにプラナマティック機構。並行巻きとあや巻きを交互に繰り返すことで飛距離を伸ばします。
f:id:tandem_hair:20190410121727j:image

 

358はスパイラルベベルギアですが並行巻きです。
f:id:tandem_hair:20190410121758j:image

 

使う前に一度バラシてグリスアップと調整。リールの奥には小鳥さんが住んでいます。巻き取る時に「カリカリカリ」と鳴きます。それからハンドルの逆回転をくちばしで止めてくれます。ちょっと鳴いてくれない状態だったので、小鳥さんの裏側から目玉に刺さっているバネを少し伸ばして再度目玉にぶっ刺したら「痛い、痛い、カリカリカリ。」と鳴くようになりました。
f:id:tandem_hair:20190410121824j:image

 

ちょっとコイツを連れて渓流へ行ってきます。
f:id:tandem_hair:20190410121900j:image

モペッドをカスタムするぞ。その19 マグネットフライホイール問題

仕上げのためにバイク屋さんに行ったものの出戻ってきた我がプジョー・ヴォーグ。

クランクシャフトを交換したのでテーパー角が合わないのでマグネットフライホイールを買わなければならなくなりました。ここまでやったら、もう嫌だとは言えますまい。アメリカのショップに確認すると260ドルもする高級品を勧められたので却下したら、1/3くらいの値段の物を提案してきました。ただし加工が必要だと。何を今更。いいから、早く送ってくれないか。

 

届いた物は同じくフランスのモペッド、モトベカン用。プジョーに付けるには専用のアダプタープレートを追加して、ベース部分のタブを削り取れとの事。
f:id:tandem_hair:20190327082725j:image

 

はい。ポロリ。
f:id:tandem_hair:20190327083209j:image

そしてさらにランチレバーがプレートに干渉するので削ります。
f:id:tandem_hair:20190403233703j:image

 

はい。ガガガッ!
f:id:tandem_hair:20190403233739j:image

 

 

「さて、じゃあ取り付けるか。」と言ってもすんなりとはいきませんよね。パーツを取り付ける場所がありません。カプラーの形状も違います。
f:id:tandem_hair:20190403233804j:image

 

 

ホームセンターで適当に購入したパーツを加工して、ステーを作りました。
f:id:tandem_hair:20190410121335j:image

 

 

CDIを適当な場所に付けて、カプラーも交換して何となく配線。
f:id:tandem_hair:20190410121510j:image

 

 

ボディの目立たない場所の塗装を削ってグランド配線を。ちょっと頭が悪いので電気とかは良く解りません。たぶん頑張れば出来ると思いますが、適当にやれるだけやりました。
f:id:tandem_hair:20190410121420j:image

 

アメリカのショップに問い合わせたら「ウッドラフキーは使わんでいいよ。」とか言われたんですけれど、調べたら普通に皆さん付けとるし、バイク屋さんも「そんな話、聞いた事ねー。そもそもバラしたクランクシャフトにキー付いとるし。」と言う事なのでアメリカのショップの人よりバイク屋さんを信じる方が今までの経過からして正解なので、キーの取り付けはお願いする事にしました。

 

ちなみに現在、スパークは確認できません。数日以内にバイク屋さんが引き上げに来てくれる予定です。今度こそ完成の予感がする!今度こそ!

 

さて、記念すべき20回をもって完結するのでしょうか?

その20に続きます!