だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

切らずに直す?

右のフロントフォークが動きません。

f:id:tandem_hair:20220120212440j:image

 

なぜかと言うと凹んでいるから。
f:id:tandem_hair:20220120212452j:image

 

ならば!と凹みをガリガリ削ってやりました。
f:id:tandem_hair:20220120212449j:image

 

試行錯誤の末にバラす事に成功。
f:id:tandem_hair:20220120212447j:image

 

問題はこれからどうするか、ですねぇ。

剛性?

要るの?ソフトバイクですよ?
f:id:tandem_hair:20220120212512j:image
f:id:tandem_hair:20220120212443j:image

 

溶接頼むか、金属パテか。

やっぱりギッシリ詰まってました。

ソフトバイク、ユーディミニの燃料コックを外しました。

腐ったガソリンとガソリンタンク内の錆が流れ込んで、コック内が詰まっていました。ハンドルガスケットは使えそうにないです。

f:id:tandem_hair:20220112103340j:image

 

タンク内にあった部分は錆びてボロボロでした。割れてますね。
f:id:tandem_hair:20220112103342j:image

 

恐る恐る負圧コック部を開けてみました。ダイヤフラムは片方だけしか確認しませんでした。少しだけピンホールがあったので余計な事はせずに閉じました。
f:id:tandem_hair:20220112103337j:image

 

タンク取り付け径が14mmだったのでモンキー用の落下式に変えた方が無難な気がします。

パーツ無いですし。

オイル地獄

不動ユーディミニの現状確認のために外装パーツを外しました。

 

前オーナーの努力の跡なのかオイルタンクに2ストオイルが満タンになっていました。そして大量に溢れ出してエンジン、電装品が全てオイル漬けになっていました。

f:id:tandem_hair:20220112101606j:image

 

オイルタンクの下にキャブレター、横にオイルポンプ。オイルと汚れでゴッテゴテ。
f:id:tandem_hair:20220112101617j:image

 

問題のオイルタンクを取り外す為にオイルを全て抜き、タンクを外そうとしたけどフレームとエンジン部を分離しないと外れない仕組みでした。

ギボシを外そうとしたらプラスティック並みに硬くなっていて、カッターで切ってから割るように外しました。
f:id:tandem_hair:20220112101611j:image

 

フロントショックがオイルでドロドロだったのですが、オイル式ではなくバネが入っているだけです。ブレーキが固着していたので頑張った痕跡でしょうか。
f:id:tandem_hair:20220112101603j:image

 

凄まじいオイル漬けですが、悪い事ばかりではありません。そのおかげで古いバイクを錆から守ってくれていました。

 

触り出したら可愛さが増してきました。

ソフトバイク、いいですね。

ソフトな世界

以前から興味があったソフトバイク。

自転車以上スクーター未満。

ご婦人に乗ってもらう為に開発された乗り物。

 

スズキ ユーディミニ。不動車。

f:id:tandem_hair:20220112095604j:image

 

オイル分離式の2スト。唐揚げエキパイ。
f:id:tandem_hair:20220112095637j:image

 

問題の負圧式燃料コック。必ず壊れているらしいです。
f:id:tandem_hair:20220112095523j:image

 

このランプの感じ、たまらんですな。
f:id:tandem_hair:20220112095528j:image

 

比較的キレイなシート。ところどころ破れてますが何とか再生させたいです。
f:id:tandem_hair:20220112095520j:image

 

ショックは左片持ち。ご婦人が乗りやすいようにオートチョーク、操作の必要の無い負圧式燃料コック、リアブレーキレバーを握りながらキックする飛び出し防止機構。
f:id:tandem_hair:20220112095531j:image

 

春までには試走できるようにしたいです。

ショボい乗り物への愛が止まりません。

病気です。

自転車を多段化しました。

Surly Trollの後ろにギアを追加してもらいました。

お金もないし、走る気もないので中古パーツから選んでもらいました。

SRAMの10枚です。

f:id:tandem_hair:20211203093606j:image
f:id:tandem_hair:20211203093603j:image

チェーン引きはそのまま。
f:id:tandem_hair:20211203093608j:image

 

ガチャガチャするぜ。

 

古いイギリスの剃刀

趣味でやってる剃刀の再生作業。

100年以上は昔のイギリス製剃刀。

Wade & Butcher。

「For Barber Use」と刻印されているので業務用なんだろうと思います。

f:id:tandem_hair:20211203093446j:image
f:id:tandem_hair:20211203093506j:image

でっかいので迫力がありますが、正直使いにくいですね。

シェービングブラシ新調

f:id:tandem_hair:20211203093405j:image

普通に暮らしていたら余程の趣味人じゃないと買うことは無いであろうシェービングブラシ。

 

仕事道具なので消耗品として交換します。

いろいろ使って来ましたが、自分は小ぶりなブラシの方が好みの様です。

業務用のブラシは獣毛で、穴熊が高級だとされていて、さらに部位によってランクがあります。

 

今回はイギリス製の穴熊、イタリア製の穴熊と豚のブラシを買いました。

 

使う前にはブレークインと言われるアク抜きが必要になります。臭いが獣そのものだからです。

 

ブレークインの方法はいろいろあるようですが、僕は乱暴に洗濯用粉石鹸、今回はブルーダイヤ。あったから。

案外、これが1番効果ある気がします。

酵素パワーって凄いですね。