だもんで、だで、だがや。

名古屋市天白区の理髪店【タンデム】店主雑記

夏休みは飛騨でイワナ釣り。

ひと月程前になりますが、今年は飛騨に釣りに行ってなかったので日帰り釣行して来ました。

 

夏の河原は藪漕ぎがハードですが、これはかなりハードでした。

f:id:tandem_hair:20190918175137j:image

 

うっかり転べません。栗のマキビシだらけです。
f:id:tandem_hair:20190918175144j:image

 

うっかり手を着けません。そこにはベビがいます。
f:id:tandem_hair:20190918175140j:image

 

今年一番の大物に1mまで近づけましたが、ネットに手を掛けた途端にバレてしまいました。

それでも多くのイワナに遊んでもらえました。
f:id:tandem_hair:20190918175133j:image

 

来年はもっと飛騨に行きたいなぁ。

トンボが飛びかう田んぼを見ると毎年切なくなります。

早く夏が来ますように。

プジョー・ヴォーグ チャンバー交換して完成する

ハゼツー(ハゼ釣りツーリングです、すみません。)行った帰り道にチャンバーが外れて大変だったので、クランプ部分を加工したり頑張りましたが、結局チャンバーに穴が開いただけで改善されませんでした。

 

なのでチャンバー買いましたー!そしたら問題、ソッコー解決しましたー!

f:id:tandem_hair:20190918174914j:image

今度はスレッドマウントじゃなくてフランジマウント。リアはスイングアームに更にスイングアーム付けてマウントする方式。

外れる心配無し、振動激減です。

 

エンジンがスイングするのでフランジとパイプはボールジョイントで接続。どうやっても上手にスプリングが取り付け出来ないので少し穴開け加工しました。

f:id:tandem_hair:20190918174911j:image

 

グルっと試走して来たらスプリングが片方だけどこかへ飛んで行きました。
f:id:tandem_hair:20190918174905j:image

 

ホームセンターでスプリング買って、キャブ調整して、ハゼツーに再びトライして来ました。
f:id:tandem_hair:20190918174908j:image

 

いやー、トラブルが無いって素晴らしいですなぁ!

結局、オイル混合率3%、メインジェット98、スロージェット45にて乗っています。

国内だと70ccボアアップだとオイル混合率4〜5%が主流で、キャブもデロルトPHBG19.5の様に大きくするとMJは100超えて、それでもピストン焼き付いてたりするみたいです。

ですが、海外だとオイル混合率3%程度、MJは90番台でSJは50くらいが主流みたいです。

お国が違えば気候も違いますし、乗り方も変わってくるとは思いますが、こんなもんかなぁ、と思った頃には季節が変わってしまいそうです。

 

これにてヴォーグのカスタムも終了と言えそうです。

くじけそうになりましたが、名古屋最速ではありませんが、ストック状態と比べるとトルクがモリモリで普段使いでは満足出来るモペッドに仕上がりました。

 

たぶんこれからも調整は続くのでしょうが、ひとまず今までお付き合いいただきありがとうございました!

 

どこかでトラブルで泣きそうになっていたら助けてくださいね。

 

 

 

プジョー・ヴォーグ、遂に葡萄農園を抜けて海に出る。

前回初めての市外脱出に成功しましたが、チャンバーが外れかかって逃げ帰って来た我がモペッド、プジョー・ヴォーグ。

 

「カラン、カラン、カラン....プスン!」

まさかと思っていましたが、クラッチ板が割れていました。欠けただけに見えますがヒビ割れて使用不可。

f:id:tandem_hair:20190814154043j:image

 

とりあえずカスタム前のクラッチ板を移植しました。

f:id:tandem_hair:20190814154145j:image

 

そして問題は空気を吸った事による異常高温でチャンバーが割れてしまいました。お客さんの作業場に持ち込んでブラストをかけてもらいました。錆もまわって鉄が薄くなってしまっているので溶接するには難しそうです。そして加熱すると内部からオイルが溶け出してくる状態。更にめくれ上がった場所から四方にヒビが入っていました。

f:id:tandem_hair:20190814154252j:image

 

前回溶接してもらった場所は、その横からパリンと割れてしまいました。

f:id:tandem_hair:20190814154326j:image

 

 

「どうなっても良いんで、何とか!何卒!」と頼み込んで溶接してもらいました。他にも元々の溶接部分に巣がいっぱいあり「もう、これは買わないように。」と言われてしまいました。

f:id:tandem_hair:20190814154409j:image

 

問題のチャンバーの接合部。ネジ式で締めあげて、緩み止めでガッチリと固定するはずだけれど、何故か緩み止めごとズルっと下に落ちてきて、徐々に緩んでしまいます。ここは針金パワーで強引に固定。これでどうだ!

f:id:tandem_hair:20190814154541j:image

 

 

そして、遂に。

快晴の葡萄農園を突っ走りました。

f:id:tandem_hair:20190814154613j:image

 

そして海へ。釣果は貧果でしたが気分は最高です。

f:id:tandem_hair:20190814154631j:image

 

帰り道に葡萄畑でパチリ。故郷のフランスを思い出してくれるだろうか。三河国だけど。

f:id:tandem_hair:20190814154651j:image

そして、ここでアイドリングの異常に気が付きました。ふと、エンジンをのぞき込むとチャンバーがズルりと下がっているではありませんか!

 

どんどんと調子が悪くなるプジョー・ヴォーグ。農道を抜けて街へ出たところでガソリンスタンドに緊急ピットイン!

f:id:tandem_hair:20190814154717j:image

事情を話すと「工具を使っていいよ。」と言ってくれました。こんなに大きなレンチは無さそうなので、ペンチを借りて切れた針金を解いて可能な限りチャンバーをねじ込んで針金で再び吊るし上げました。

スタンドのおじさんはとても優しくてエネオスの帽子を日除けに被せてくれたり、流行りのハンディ扇風機で風を送ってくれたりしました。

 

なんとかギリギリ走れる状態にはなったのですが、信号で停止するとエンストしてしまいます。騙し騙し走りながら名古屋市まで辿り着いたところで走行不能に近い状態に。

 

押し掛けを繰り返しながら走っていると、街の自動車修理工場の前を通過した時にツナギ姿のお兄さんと目が合いました。「う、運命かもしれん!!」とUターンして工場の前まで戻り「た、助けて下さい。かくかくしかじかなんです!」と話すと優しいお兄さんは次から次へと工具を持って来てくれて、チャンバーを外れない程度にねじ込む事に成功しました。

するとお父さんが現れて、ハゼ釣りの帰りだと告げると秘密のポイントを伝授してくれました。もう、なんて良い人達ばかりなんだ!チャンバー外れて良かった!(ウソ)

 

とまぁ、念願の農道からの海までの行程を、見知らぬ皆さんの優しさに支えられながらクリアする事が出来ました。

高校生の様な夏の思い出。これも、モペッドカスタムのおかげでしょうか。

 

お世話になったエネオスのおじさん、自動車修理工場のお兄さんとお父さんには後日改めてお礼に伺う予定です。命拾いしました、ホントに。

カスタムモペッド、市外へ出るも返り討ちにあう。

休日を利用してハゼ釣りをする為にカスタムモペッド、プジョー・ヴォーグで出かけてみました。

先に結果をお伝えすると皆様のご期待通りに途中で引き返す有様に。

 

名古屋市天白区の自宅から緑区を経由して大府市東浦町の葡萄農園地帯を抜けて亀崎港までのルート。

緑区大府市の境界辺りまでは実に快適なハゼツー(ハゼ釣りツーリングね。初耳だけど。)でしたが、エンジンの回転が落ちるのが遅くなって来て、アイドルが上がり始め、大府市を通過中に信号待ちしていたらエンジンストールしてしまいました。

もう慣れて来ているのでキャブを少し調整して走れるようには出来たのですが、不調を感じたら無理をしない方針なので引き返せるうちに引き返すことにしました。

 

さらに引き返す途中で、サイドカバーが走行中に外れてすっ飛んでいきました。運良く後続車がなかったので回収。

f:id:tandem_hair:20190731162911j:image

 

 

 

帰宅後に原因を発見。先日締めたばかりのチャンバーとエンジンの接合部が緩んでいて、ドロドロのオイルが溢れていました。

f:id:tandem_hair:20190731162921j:image

 

 

もうついでに気になるところをやってしまおうと、ジェットニードルのクリップを1段下げて燃調を濃くしてみました。これで高速域手前での頭打ちが解消する事を期待。

f:id:tandem_hair:20190731163042j:image

 

 

続いてスロットルケーブルの引っ掛かりが気になっていたものの放置していたので交換する事に。バイクショップにケーブルを買い求めたのですが、全て揃ったパッケージしか売っていないと言われました。「たーけか!そんなもんいかすか!」と憤慨しつつホームセンターで3㎜の真鍮パイプと1.5㎜のステンレスワイヤーを購入して自作する事に。

f:id:tandem_hair:20190731163111j:image

 

タイコの部分になる真鍮パイプをカットして、同じ長さに切ったステンレス用はんだをパイプの穴に放り込んで、はんだ小手で加熱して溶かします。

f:id:tandem_hair:20190731163142j:image

 

はんだ入り真鍮パイプを再度加熱して、パイプの中のはんだが溶けたらステンレスワイヤーを突っ込んで冷ましたら完成。「買うほどの物でもないぜ。」と悔し紛れに独り言。

f:id:tandem_hair:20190731163210j:image

 

 

問題のチャンバー外れを解決する為に針金で固定しました。どうだ!外れてみせろよ!

f:id:tandem_hair:20190731163412j:image

 

 

 

 

東浦の葡萄農園を貫く農道。

毎年、ハゼ釣りに行く時にプジョー・ヴォーグで走ります。

そして、毎年、後続車に煽られるのです。

その屈辱を晴らす為に僕はプジョー・ヴォーグをカスタムしたのです。

今回は残念ながら葡萄農園まで辿り着けませんでしたが、近日中には農道を軽快に駆け抜けたいと思います。

 

 

モペッド本気仕様になる。

 

煙突塗装を施されたトグロチャンバーをぶら下げてスパルタンな雰囲気さえ漂うプジョー・ヴォーグ。

f:id:tandem_hair:20190729103229j:image

 

 

さらにはBBQグリルのようなフィルターを装着したキャブレターが本気度を物語っています。
f:id:tandem_hair:20190729103220j:image

 

 

スイングアームに飛び散る2ストオイルを回避するために、チャンバーを可能な限りサイレンサーが外側に向くように取り付け。そうするとペダルにサイレンサーが干渉するのでペダルシャフトエクステンダーを投入。カスタム感、出てます!出てます!
f:id:tandem_hair:20190729103232j:image

 

 

30分間徘徊後のオイル飛び散り具合。リアショックには飛び散るものの、タイヤに付くことは回避。おそらくチャンバー内に残っていたオイルだと思われる。そうあってくれ。
f:id:tandem_hair:20190729103217j:image

 

 

そして初めての焼け過ぎ注意報。BBQグリルで吸気アップしたのかな?メインジェットを大きくして様子を見てみます。
f:id:tandem_hair:20190729103224j:image

 

 

高速域手前での頭打ちは解消されていないものの、街乗りでは乗っていて楽しいモペッドになって来ました。

「名古屋最速モペッド」目指して無駄な試練を繰り返します!

 

次回は市外まで武者修行に行って参ります。

 

 

 

モペッドのチャンバー、煙突になる。

錆で毒蛇になってしまった僕のプジョー・ヴォーグのトグロチャンバー。

 

よく見たら裂けと溶接割れがあったので、金属パテで補修してみました。

f:id:tandem_hair:20190726230207j:image

f:id:tandem_hair:20190726230308j:image

練って、盛って、乾かして、削る。ダイナミックにいってみました。

 

続いて毒蛇退治です。

塗装前に赤錆を黒錆に転換させて広がりを抑える錆転換剤「さびチェンジ」を塗ります。
f:id:tandem_hair:20190726230303j:image

 

刷毛で塗ります。案外塗りやすいので適当に塗っていきました。
f:id:tandem_hair:20190726230316j:image

 

濃紺のような良い色に仕上がりました。刷毛の跡がくっきりです。
f:id:tandem_hair:20190726230354j:image

 

刷毛の抜けた毛がついています。ドンマイ。
f:id:tandem_hair:20190726230415j:image

 

600℃まで対応の耐熱塗料スプレーを塗って仕上げました。

ストーブ用と書かれていましたが、仕上がりはさながら煙突です。2ストバイクのチャンバーには打って付けですな。艶ありにすれば良かったか。この上から「さびチェンジ」塗ったろかな。ま、煙突上等!

f:id:tandem_hair:20190726230437j:image

 

よっしゃ!

白煙吐きまくるぞ!

 

 

モペッドのチャンバー、毒蛇になる。

むー。

毒蛇みたいなトグロチャンバー。

f:id:tandem_hair:20190726224140j:image
f:id:tandem_hair:20190726223939j:image

なんとか錆を落として再塗装しなくては。

 

真鍮ブラシで軽く擦ると自慢の粉体塗装がポロポロと剥がれ落ちました。その後、剥がれそうな所は電動工具の助けを借りて地肌を出しました。ステンレス製にしとけば良かった、後悔した瞬間です。
f:id:tandem_hair:20190726223929j:image
f:id:tandem_hair:20190726223919j:image


あれ?裂けとる?

f:id:tandem_hair:20190726224302j:image

 

あれ?溶接割れとる?再溶接してもらったばかりなのにー。

f:id:tandem_hair:20190726225729j:image

 

 

次回は金属パテで裂け、割れを補修して、錆転換剤を塗ってから耐熱塗料で塗りまくりますよ!